スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和気優、革命起こすっ!オーガニックレボリューション!

革命起こすぜ!
下記にアクセス!

和気優の農書き日記「毎日アグリハングリー」
スポンサーサイト

急告!農民カフェ/学芸大学店の最新情報

写真-150

農民カフェ/学芸大学店のオーガニック革命、そのステージ1に伴う昼のシェアによって、10月19日で和気優の作る「農民カフェランチ」は終了します。

農民惣菜プレートを食せるのもあとわずか。
是非是非御来農あれ!

和気優の農書き日記更新!

日記更新
和気優の農書き日記「毎日アグリハングリー」
http://agri-sky.com/blog

Agri-Sky web

ピクチャ 2

和気優のポータルサト「Agri-Sky web」
農・食・音、すべてがつまってます!(まだ開通してないコンテンツあり)

ショップあり!
ムービーあり!
日記あり!
ニュースあり!
アーカイブあり!

和気優を知る!
和気優を感じる!
和気優を買う!

全部!

http://agri-sky.com/

和気優日記は引っ越したよ、農書き「毎日アグリハングリー」

農がある

和気優の日記は下記に引っ越しました。
和気優のオフィシャル日記、農書き「毎日アグリハングリー」
http://agri-sky.com/blog

毎日アグリハングリー

今後和気優の日記は下記のオフィシャル日記「毎日アグリハングリー」に投稿します。
http://agri-sky.com/blog/

ありがとう!

国東

和気優の青空とカレーライスツアー2014
九州ファイナルを宇佐本百姓で終えて、九州拠点の国東へ戻ってきた。

もちろん最後は村田君と共に。
http://www.tapthepop.net/news/12959
http://www.tapthepop.net/news/12982

夕べは大分の若き百姓チーム宇佐本百姓と村田君の農談義で夜を明かした。

百姓は当たり前だが、農業の話をするときが一番輝いている。

日本の農業は新たな黎明期にある。
俺たちはその歴史的な夜明けに立ち合っているのだ。

先人の血を受け継ぎながらも、常識を覆し、農の未来を切り開いて行かねばならない。

今回の旅で沢山の農ある人間と可能性を発見する事が出来た!
農・食・音は人類の共通言語であり、未来の大切なキーワードである事は間違いない!
それを確認し「確か」な手応えを感じた!

ひとまず、帰京します!

九州ファイナル!

宇佐

和気優の青空とカレーライスツアー2014

九州ファイナルin USA(宇佐)

灼熱の太陽の下、ファイナルを飾るに相応しい青空に照らされた野外フェスで幕!

ここ宇佐本百姓は、被災農民プロジェクトでの受け皿作りの為に訪れた最初の場所。

本百姓の深見兄弟含め、陸前高田からの移住移農の村田くん、福岡からのモヒカン農民白木夫妻、みんな集合!

サイコーのロケーションでサイコーの農民集合弾き叫びとなりました!

みんな、みんな、ありがとう!

そして農•食•音の旗印に集まってくれたすべての人々に農FUTUREを送るぜ!

異常なし!

警察

ツアー中ではありますが、大分中央署に留置された仲間の面会に行ってまいりました!

異常無し!

カレー完売!

行列!

和気優の青空とカレーライスツアー2014

見て見て!
カレーライス号めがけて大行列!
天気悪いのに、臼杵のみなさん、ありがとう!

大分県臼杵市にてカレーライス号での青空カレーライスファイナル!

完売しました!

これより、大分市内、都町!
昼夜、ダブルヘッダー!

行くぜ農FUTURE!

-------------------------------

和気優のお仕事。

◆農•食•音で世界を繋ぐ、和気優の全てが分かるポータルサイトAgri-Sky Web!
http://agri-sky.com/

◆和気優プロデュース/セレクトの、農ある商品通販サイト、アグリ•デパート!
http://agri-dept.com/

◆和気優のオフィシャルサイト、YOU WAKI SITE!
http://you-waki.com/

◆和気優プロデュースのカフェ、農民カフェ公式サイト!
http://hyakushow.com/

◆最新の農•食•音情報をお届け!
メルマガ登録はこちらから。
http://agri-dept.com/SHOP/mailmag.html
プロフィール

和気優

Author:和気優
バイクに跨りギターを背負って、日本中の少年院
を“生きろ!生きろ!”と弾き叫ぶ!

未だに、ガキの頃を思い返すと悔しくて涙が出る
便所にひとりで行くのが恐くてネショベン垂れた
親戚は冷たかった
毎日夕方、バスの停留所でずっと待った
誰でもいい、誰かが俺を迎えに来てくれる事を
親父よ、お袋よ、なぜだ?
どこからか流れてくるステレオの音
泣きながらその音を聴いてると、優しい気持ちになれた
いつからか、俺は大人と言う、つまらん時代を迎えた
そして10年前、中学時代の仲間が犯した殺人事件
俺は手探りで旅に出る
歌いながら、同じ様な目をした少年の所へ
その切っ掛けが与えてくれた答えを見つけるまで
走り続けるしかない

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。