スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロングラン無事成功!

20080630204309

大分~福岡~島根(川本)
ロングラン無事成功、島根は川本町の“長江寺”に到着しました。

銀次郎が停車している“長江寺”

今夜はこちらに宿をとらせて頂きます。

銀次郎。

よく走りました。

さあさ、ヨレヨレの身体を癒やすために“石見の湯”でシッカリ湯に浸かり、プシュッと湯上がりビールを頂戴しました。

後は腹ごしらえを済ませ、明日に備えたいと思います。
スポンサーサイト

ひなたぼっこ

20080630152027

名も知らぬパーキングでひなたぼっこ。

多分、山口と広島の県境あたり。

走っていると身体が冷えるので、爬虫類のようにジッと陽に照らされながら身体に熱を貯めるのだ。

しかし急がないと、向かうは島根は“江の川”の流れる山郷“川本町”
暗くなっては、大変な事になる。

待ってろよ“アンチケン(島根県川本町出身で東京在住・川本案内人)”

さらば九州。

20080630115627

さらば、九州!

CIAO!

銀次郎再会

20080630103413

銀次郎ーッ!!

会いたかったぜ。

約10日振りの再会だ。

“福岡学園”の皆さん、ありがとうございます。
少年・少女たちからの手紙も頂いた。

さぁ、待たせたな銀次郎。

ボディーに手を触れると、馬が蹄(ひづめ)を蹴るがごとく、高ぶった鼓動を感じるのだ。
それは自分かもしれないのだが。

跨ってキックを踏み込む!

〔ボッ、ボバババー!!〕

最初鈍く、しかし直ぐに鋭く吹いてくれた。

おぉ、銀次郎!

お前は最高だ!

最強の相棒だ!

学園の職員方にに挨拶して、颯爽と走り出す。

目指すは“島根県”

山あり谷あり、大河あり。

小雨がちらつくが、回復傾向なのは確かだ。

また、新たな旅の始まりなのだ!

待ってろ“銀次郎”

20080630055608

ヤバっ!

寝過ごした!

バタバタのグデグデです。

“エルマー父”に起こされ、車で駅まで届けて頂きました。
ありがとうございます。

朝一番の大分~博多行き列車“ソニック”に飛び乗る。

この列車すげーッス。

近未来的フォルムとデザイン。

乗客は殆ど乗ってません!

取りあえず寝ます。

銀次郎と再会したら島根までのロングランが待っている!

覚悟をキメよ!

九州サーキットファイナル!

20080630043406

大分都町“HULAmingo”店主“ユウジ”

心意気ある都町の“横山やすし”

これにて九州サーキットファイナル!

満員の店内。

笑いが満ちている。

エルマーをはじめ、芸人気質の色濃いメンバー。

大分は大阪に近いモノを感じる。

いずれにしても、愉快なライブとなった。

これで九州はすべて終了した。

この土砂降り九州を切り抜けられたのも九州で巡り会った仲間たちが居てくれたからこそ!

みんな、みんな、本当にありがとう!

今日、陽が昇れば“銀次郎(SR400)”に再会できる。

本当はお前と九州を走りたかったけどな。

次には必ず、その夢を果たそうぜ。

ある九州の晴れた空の下…

銀次郎と走る姿が見えるぜ。

カレーライス

20080629170849

和気優が歌う“カレーライス”旋風は、ここ大分の地でも吹いているようだ。

今年の“カレーライス”はひと味違う。
昨年までは、都会のすれっからしなカレーライスだったが、今年は“少年の夏休み”なカレーライスだ。

カレーライス青春編。

カレー食ってる時は誰もが“少年”

カレー食ってる時は誰もが“夏休み”

だろ。

ほら、大分の空に青い色が見えてきた。
雲の上はもう、夏よ。

カレーライス…

食いてぇ~。

ヒゲ剃~り

20080629125231

サッパ。

旅立って初めてヒゲ剃り落としました。

これにて心機一転、後半戦スタートしたいと思います。

BBQも美味しく頂き、申し分なし。

天気も回復傾向、ビールも旨い!

近所の奥様も乱入の、昼下がりの情事的BBQ大会は続行中であります!

束の間の安らぎ。

20080629104840

雨が降ったり、陽が射したり、バランスを欠いた天気が続くなぁ。

仔羊エルマー(谷)宅にて、洗濯中。

これより庭にてBBQパーティー開始。

束の間の安らぎを楽しませて頂いてます。

“仔羊エルマー(谷大輔)”は大分出身・東京在住の芸人であります。

昨年に引き続き、今年も少年院・児童自立支援施設ツアーにて“エルマー一家”にお世話になっておるという次第。

有り難い安らぎのひと時を過ぎれば、夜は大分“都町フラミンゴ”ライブ。

そして朝一番には“福岡学園”まで急ぎ“銀次郎”との再会にこぎ着かなければならない。

すかさず島根までのロングランが待っているのだ!

今の内に英気を養っておかなくては。

後は天気の回復を祈るばかり。

さっ、肉喰おう、肉!!

3、2、1

20080628172702

3度目の大分・二豊学園(児童自立支援施設)ライブ。

楽しかったな。

弾けてた。

少年少女たちが、ライブを本当に楽しみにしていてくれた気持ちが溢れていて、実に気持ちよかった。

アンコールあり“悪党(デビューアルバム~ある晴れた空の下~から)”までやっちゃいました。

地元大分に帰郷の芸人“仔羊エルマー”のサプライズ“ネタ”披露まで飛び出し、実にエンターテイメントな学園ライブとなった。

少年少女の中には、去年も“和気優”を体験した組も多かった…

そうか、ずっとここに居たのか…

その事を思うと、複雑なのだ。

少年にとっての1年は永く、重い。

会いたい、でも会わない方がいい。

それが、この旅の少年院・児童自立支援施設ツアーなのだ。

でも、独り立ちした時、外で会おう…

会いに来てくれ。

俺は本気で夢見てる。

そうして歌を繋いで俺を訪ねて来てくれる事を。

今日は楽しかったよ。

みんなと“ひとつ”になれた。

“3”度目の“二(2)”豊学園で“1”つになれた。

3、2、1 GO!!

更に雨、大分。

20080628132027
20080628132025

仔羊エルマー、青春時代。

しかし、よく降る。
またのまた、更に雨の大分。

九州に上陸以来、殆ど雨。

これより大分の児童自立支援施設“二豊学園”ライブ。

里山と渓流の学園。

1日3本一気ライブ後、果たして“声”は生きているか?

甦れ!“声”よ!

エルマーのお母さん“うどん”旨かった!

谷大輔くん。

20080628071619

“仔羊エルマー”こと、谷大輔本宅に到着。

早朝にもかかわらず谷くんの母上様は、お風呂から朝食まで、しっかりともてなして下さいました。

まったくもって母親の鏡のような人です。

これより、大分2DAYS。

まずは仮眠して、始動開始!

3本一気ライブ終了!!

20080628034216

肉屋の冷蔵庫みたいな“ZETTON”の楽屋です。

3本一気ライブ、無事!?終了。

2勝1敗てな感じか?

さすがに喉はキツかったな。

声が出なくて“もがく”も、ありのまま今の俺。

その姿そのままに伝わってくれれば、それでイイ。

アンコールで一つになった。

やるな“ミヤザキッズ!”

いずれにしても、3本一気ライブは終わった。

直ちに大分へ旅立つ。

命の限り、歌い倒す!

それだけは約束できる。

3本一気ライブ、2本目!!

20080627180502

3本一気ライブ、2本目!!

“みやざき学園”

初めて“児童自立支援施設(旧教護院)”で歌ったのが、この“みやざき学園”だった。

忘れもしない。

夏の太陽が降り注ぐ教室で歌った。

あの頃、人生に煮詰まっていた俺を救ってくれたのが、この少年院と共に児童自立支援施設を交えバイクでツアーする旅だったのだ。

あの時の少年たちは、今頃どうしているだろう?

いつか会えるだろうか?

今日の少年たちも、俺にいっぱいの勇気をくれた。

ずっとずっと、少年はエクボの笑顔で見ていた事。

外で記念写真を撮影した時、うつむき加減に少年から握手を求められた事。

少年の肩に手をかけ顔を覗くと、無表情が一変に花が咲いたように変わった事。

そのすべてを忘れない。

そして、いつか会う日を思う。

だから、寂しさで途方に暮れないように…

祈るよ。

本日、残るはあと1本。
宮崎“ZETTON”

無敵のZETTONだ!

八木酒造

20080627143811

八木酒造・猿ヶ城蒸留所。

垂水から猿ヶ城渓谷へ向かう途中に在する焼酎の蒸留所。

我が下北沢スロウダイニングTIBET TIBETでもお馴染みの芋焼酎“八千代伝”の蔵。

数年前、ツアー途中訪ねて蔵ライブして以来、お付き合いさせてもらっている。

もちろん今回も歌わせて頂いた。

広い森の広場でのライブは、痛めた喉にもイイと感じるくらい瑞々しい空気に包まれていた。

八木酒造。

何より、社長を中心に蔵のスタッフ全員が一丸となって酒造りに取り組む姿勢は感動的だ。

いつまでも紡いでいきたい“人と蔵”である。

まず3本一気ライブ、1本目終了。

3本一気ライブ!!

20080627090217

夕べ紹介した“なかちゃん”ファミリーが運営するホテルにて、錦江湾一望の露天風呂を堪能させて頂きました。

鉄分タップリの硫黄泉。

芯の芯まで染み渡ります。

桜島温泉、ただ者ではありません。

さーて…
本日3本一気ライブ!!
垂水は八木酒造、都城はみやざき学園、ラストは宮崎のZETTON。

ぶっ壊れて当たり前のサバイバルリレー!

一気、一気の3本。

後には退けないぜ…

真夜中の桜島へ。

20080627014103

桜島へ向かうフェリーに乗った。

急遽、飲み屋仲間で帰郷している“なかちゃん”宅に厄介になる事になり、
“桜島”へ。

鹿児島“BAR MOJO”ライブは盛況に終わった。

ラジオを聴いて来てくれた人もあり、意味深いライブとなった。

声は出るには出るが、身体も共に疲労困憊、油切れでギシギシと唸ってる感じ。

言葉は届いたか!?

まるで力が入らない。
吐き気にめまい。

どうなっちまったんだ!?

とにかく眠くダルい。

桜島の灯りが切ない。

明日の3本ライブ…
勝負だ!

体調不良。

20080626200925

不良は不良でも、体調不良です。

休み明けだと言うのに、身体がダルい。

休んで気が抜けたか!?

ん~、どうしたわけだ!?

もうじき“BAR MOJO”ライブ。

何とかしなくては…

マズい。

燃えよ桜島。

20080626125412

アタマ雲がかかってますが“桜島”に、母なる錦江湾。

ついに来ました西南の果ての都市“鹿児島”

思えば遠くへ来たもんだ…

新聞取材、ラジオ出演を経て、天文館“BAR MOJO”ライブ。

燃えよ桜島!

燃えよ和気優!

だれやんめっ!!

さらば出水ビリーたちよ。

20080626112611

朝食を美味しく頂きました。

夕べ看護婦の女子(コスプレではありません、本当に看護婦)に聞いたところ“ステロイド”は注入すると食欲が増強されるらしい。

どうりで、食っても食っても腹減るわけだ。

気を付けないとね。

ドップリ浸かった“出水”な日々。

楽しんだねぇ…

溶けちまうくらい。

オーガナイズしてくれた“ZIP!”オーナー“御幸”

実にカッコイイ男です。

“としろう”“かねごん”“けんし”“ゆきたか”etc…
とにかく、沢山の出水ビリー!

お前ら、最強最高だぜ!

ありがとう!

忘れない。
プロフィール

和気優

Author:和気優
バイクに跨りギターを背負って、日本中の少年院
を“生きろ!生きろ!”と弾き叫ぶ!

未だに、ガキの頃を思い返すと悔しくて涙が出る
便所にひとりで行くのが恐くてネショベン垂れた
親戚は冷たかった
毎日夕方、バスの停留所でずっと待った
誰でもいい、誰かが俺を迎えに来てくれる事を
親父よ、お袋よ、なぜだ?
どこからか流れてくるステレオの音
泣きながらその音を聴いてると、優しい気持ちになれた
いつからか、俺は大人と言う、つまらん時代を迎えた
そして10年前、中学時代の仲間が犯した殺人事件
俺は手探りで旅に出る
歌いながら、同じ様な目をした少年の所へ
その切っ掛けが与えてくれた答えを見つけるまで
走り続けるしかない

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。