スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

協力雇用主

20081001024639.jpg

今日は、熊本からシタールとトランペット、ハープのコラボライヴなのだ。

法務省の保護観察官の方に来てもらい、協力雇用主についての説明を受けた。

簡単な話、少年院を仮退院した少年たちは保護観察付きとなるわけだが、そちらから就労希望の少年を紹介され、面接をする段取りである。

ただ、面接だけで判断するのか?

難しいところである。

できれば、面接とかでなく友人感覚で付き合いながら、考えたい。

それには以前説明したBBSが有効なのだが、世田谷BBSは俺が参加するには年齢制限があるらしいので、話が進まない。

ツラいところなのである。

しかし、この後八王子BBSの会長と会う予定があるので、期待したいところだ。

いずれにしても、もうワンステップ進んだことになる。

確実に一歩二歩だ。

壁をぶち抜いて行くぜ!
スポンサーサイト

あ、総選挙。

20080929194131
麻生の口まね…

麻生が解散!?
あ、総選挙!?

にわかに、総選挙ムードですなぁ。

となれば、投票行こうぜ。

参加しなけりゃ、文句も言えないだろ。

何事もそう。

参加しないとな。

参加もせずに、グダグダ言ってる事ほど、みっともない事ないぜ。

例えば、音楽もそうだ。

CD買ったりもせずに、最近の音楽がどうのこうのと言えないじゃん。

つまり、マーケットに参加して、初めて発言権があると言うもの。

不買と言う選択もある。

輸入食材を買わないとか。

ま、これは国産の商品を買うと言う意味で、国産マーケットに参加しているわけだが、これにはメッセージがある。

国産食材を買うことで、農家や優れた技術を守ると言う意味でもある。

安かろう良かろうの価値観は過去の産物なのだ。

しかし、マーケットに参加しなければ、何も変わらない。

参加する。

それは、付き合いや義務でするものじゃない。

真実を学び、考えて選ぶ必要があるのだ。

ひとりひとりが、意識を持ってマーケットに参加する。

今の世の中、変えるにはこれしかない。

選んでいるのは、俺たちなのだから。

だから、行こうぜ!

あ、総選挙♪

ホレっ!

優しさに包まれて…

20080928155714
最近、こういうのが出回ってきます。

さてと…

優しくなれたら…

いいなぁ、と思う。

優しく人と接する事が出来たら、妙な誤解も生まずにすんだろう。

優しい人、いるよねぇ。

あぁ、アナタはココロの母です。

って、思えちゃう人、いるよねぇ。

思わず、胸にすがりつきたくなってしまう人。

でも、優しくされると、なぜかフテくされる。

ホントは嬉しい癖に。

慣れてないのね。

元来、天才的な“天の邪鬼(あまのじゃく)”なんだよな。

えーえー、それには自信アリまっせ!

人と違うことしたがる…つまり同調性に欠ける。

疑い深い…TRUST YOUとか言っておきながら疑う。

決まり事嫌い…社会性がない。

その隙間隙間に、優しさがあれば摩擦も起こさずに済むモノを、摩擦過ぎて、煙りが出る。

あーあ、めんどくさいねー。

別にイイんだけどね。

悪党ですから。

これ便利。

悪党は楽だわ。

冬の足音。

20080927234749
夕べの予告通り“湯豆腐”です。

お袋の湯豆腐。

昨日は沖縄ナイトだったが、明日は愛知県から美女二人のチャイナスタイルコンサート。

続々と日本中から下北沢に集まっております。

来月は俺も沖縄ツアーがあるし、その後は松山、熊本、新潟と回るし。

いい傾向だね。

こうして、日本中、いや世界中が渦巻いて、ミックスすればいいのさ。

人間は水と一緒。

留まっていると、濁り腐るもんだ。

だから、流れ流れて、交わって…

あーっ、湯豆腐冷める!

熱々で頂きます。

と、思ったら店から呼び出しの連絡。

バイト、バイト。

働け働け!

沖縄ナイト

20080926210513
今日は沖縄の悪友で、那覇の居酒屋“コトブキ”の“イチ”が仲間を集わせての宴である。

総勢40人程が集結した。

アコギに三線、和琴と音彩り豊かに繰り広がる。

ナイチャもウチナもアホもエテ公も、みんな集まって、ハイサッ!

外は昼の蒸し暑さから一転して、乾いた強い北風が、冬の気配を運んできた。

ブルっ、寒ぶっ!

鍋食いてぇ!

湯豆腐!

光明射す。

20080926145107
お馬鹿な“仔羊エルマー”

昨日の下北沢駅前パフォーマンスの画像。

いやいや…

少年院の卒院生雇用について、少々前進の兆しが見えた。

BBSと呼ばれる、非行から立ち直ろうとする少年少女たちと、兄弟や友だちに近い関係を築いてココロのサポートをしている団体の関係者と話をする事になった。

更に、卒院生たちの雇用にもっとも近い立場である、協力雇用主としての説明を受ける事となった。

二つは、同じではないが、限りなく雇用に向けての窓口作りに近付いたと言えるだろう。

しかし、もっとも大切なのは、我々の受け皿作りである。

身を引き締めなくてはならない。

なんちゃって、ホントはかなり楽しみなんだよね。

だって、コッチが緊張してたら、ツマらんでしょ。

泣いて、笑って、怒って、ありのままで受け入れたいね。

夜露死苦!

秘密基地

20080926011916
う~酔った。

お馬鹿な芸人たちと呑んで、さらに呑んで、う~酔った…

天国に一番近い場所下北沢“Lotus cafe”

ここも開店して10年近くなる。

すべてが完全手造りの屋上“秘密基地”だ。

男の子なら、一度は造った事あるだろ。
秘密基地。

エロ本とか隠したりして。

俺の、俺たちの“秘密基地”は、ちとグレードが違う。

遊び心に溢れちょります。

廃材や千葉から伐採してきた真竹を利用して造り上げた。

空の上のビーチバー。

夏は扇風機、冬はストーブの超自然志向。

つまり、早い話が夏暑くて、冬は寒いんだが、夏はビアガーデン風にビールが旨いし、冬はストーブを囲んで囲炉裏端な一体感が楽しめるのだ。

いいよ~

中心に鎮座する“タラ菩薩”が優しく見守って、ほんわかした優しさに満ちているし。

酒は“島酒”
奄美や沖縄、屋久島の酒が揃う。

ウマいよ~

どう?

遊びに来たくなったっしょ。

そりゃそうさ、俺たちが造った、大人の“秘密基地”だもん。

テレマカシィ~

焦れったい…

20080924142042
乾いた秋風が吹く晴天の日。

思い切り深呼吸できる。

文句ない…

いや、文句ある!

今、少年院の卒院生を雇用するための窓口作りとして、某組織に働きかけているのだが、実に歯痒い。

まぁ、予測は出来ていたが、回りくどいと言うか、対応が遅すぎる。

更正とか社会復帰とか、理屈じゃなく、もっとも重要なのは、社会の受け皿だ。

受け皿とは何か?

ズバリ言うわよ(スマン…)

それは“雇用”だ。

雇用があって、ひとり立ちできる。

仕事があって、初めて社会復帰ではないか?

あまり具体的にモノが言えない現段階で、文句ばかり言っても解りにくいと思うが、勘弁して欲しい。

ガマン、ガマン。

でも、これが2歩めよね。

前進、前進。

王選手。

20080923182759
王選手。

あえて王監督ではなく、王選手と呼ばせてもらう。

なぜって、王選手は和気優にとってのキングオブプロ野球選手だから。

野球に明け暮れていた小学生の頃、何より王選手の打席をテレビで観るのが楽しみだった。

寡黙な王選手の姿に、いつもココロ打たれていた。

巨人からホークス(旧ダイエー)に監督移籍した時は、正直驚いた。

巨人からパ・リーグの弱小球団への移籍、特に王さん程の超ジャイアンツエリートが、そんな場末のチームに行くなんて…

有り得ない事だった。

当初、ホークスが最下位で低迷してた頃は、ココロないファンから、生卵を投げつけられたりもした。

あの世界の王に、生卵なんて…

しかし、見事にチームを日本一へと導いたのは、みんなの知るところだ。

日本一どころか、世界一もつかみとった。

王選手の魅力は、野球そのものだ。

野球しかない。

野球の為に生まれ、野球で死んでゆく人だ。

最愛の妻に先だたれ、孤独に生き、たいした趣味も持たずに、癌に蝕まれて胃を切り取り、あんな痩せこけた姿になってまで、野球に生きていた。

俺は、俺は、
こんな人に憧れる。
こんな人生を生きたい。

疲れたでしょう。

辛かったでしょう。

身体をいたわり、ココロ休めて下さい。

お疲れ様でした。

がんばれ元気

20080922231237
ボクシング漫画巨編。

“がんばれ元気”

今は“あずみ”で有名な“小山ゆう”作品。

俺が中学生の時分、サンデーに連載され、燃えてた漫画だ。

当時はコンビニなんてないから、近所のタバコ屋で、アンパンとコーヒー牛乳飲みながら立ち読みしてた。

俺の中では“あしたのジョー”と並ぶか、それ以上の漫画だ。

特にコミック第1巻。

一度引退した中年ボクサーが、再起を賭け、息子と旅するところから始まる。

ボクサーの名は“シャーク堀口”
息子は“堀口元気”

フェザー級の6回戦ボクサー“シャーク堀口”と、売り出し中の天才ボクサー“関拳児”との死闘描写が凄まじい。

そして、無理な減量と死闘が祟っての“シャーク堀口”の死。

涙なくしては読めない。

物語は、息子“堀口元気”が、ボクサーとして成長し、宿敵“関拳児”を倒すまでを描いている。

当時、どれだけこの漫画から勇気をもらったことか。

是非、読んでもらいたい。

その後、アニメ化されたが、残念ながら実にお粗末だった。

体験は漫画にて、どうぞ。

ココロの間取り“2DK”

20080921171316
雨に霞んだ新宿が見える。

台風が通り過ぎ、夏復活かと思ったら、アッサリ雨。

心模様。

なんつーか、その心模様も複雑でありまして、傘をさしたい日もあれば、裸になりたい時もある。

ねぇ。

燃えるように、ホトばしる俺がいるかと思うと、投げやりな自分もあったりして。

以前は、都合悪い自分を誤魔化してたね。

今は、そんな俺を認めてます。

確かに“居る”…と。

だって、いろいろ居るんだからしょうがないさ。

嘘つきな俺、怠け者の俺、スケベな俺、ズルい俺、打たれ弱い俺、お腹がゆるい俺…

でも、あきらめない俺。

とにかくさー、その全部いるいる。

ワンサと居る。

まとめるの大変だわ、実際。

集合っ!

って、号令かけても勝手気ままだから。

そんな時は、思い切り無気力に成りきる。

そうすると、さっきまで好き勝手にやってた“スケベくん”や“ズルいくん”たちが、焦りだすわけよ。

奴ら完全なる“悪”の化身ではないからね。

「ねぇ、いいの?そんなコトしてたら、ホントにダメダメ人間になるよ」って。

ビビり始める。

そん時がチャンスさ。

ムクっと起き上がり吠える!

“集合!”

一気に蹴散らす!

そして、いつもの“俺様”復活!!

だから、全部いるの。

住まわせてる“2DK”くらいの、俺の“ココロの居住区”へ。

全部住んでる。

でも、日当たり良好。

“2DK”

ココロの間取り。

“便所のらくがき展”やりてぇ。

kamako
夕べの“ホッピー祭り”ワンシーン。

主賓の“ホッピーカマ子”と立ち飲み。

現在は下北沢、台風一過で夏戻りでやんス。

ホレでは…

生きると言うのは素晴らしいと思うね。

でも、キツいよね。

音楽って奴も、心底ステキだね。

でも、本気で楽しいなって思えたのは、最初だけだったかな。

世の中は“お笑い”が溢れてます。

“笑い”が溢れてるワケじゃありません。

ミッキーマウスの中身は汗まみれ。

総裁選なのに立候補者はなぜ仲良く並んで演説してるの?

今より、将来がそんなに不安ですか?

少し冷静に考えれば判ることです。

見え隠れする“本音”“本質”“本性”の3つの“本”

この“本”が暴かれる、あるいは暴く行為があります。

“便所のらくがき”
です!

我々(俺だけだが)は求めています。

“便所のらくがき”情報を。

全国津々浦々“便所のらくがき”を観てみたい!

写メでいいから、送って下さい。

ペンネームも添えて。

送付先↓

w@livemedia.co.jp

“便所のらくがき”係宛て。

場所の住所も、判る範囲で情報欲しいッス。

別に“便所”じゃなくても良いです。

いずれ、発表したいと思ってます。

改めて送付先↓

w@livemedia.co.jp

“便所のらくがき”係まで。

よろしく哀愁。

確かにぃ、ホッピー祭ウィッシュ!

20080919133856
マジ~“サンマ”ウィッシュ。

港からガチ大量に届いたしぃ。

今宵は、下北沢屋上屋台“Lotus cafe”にて“ホッピー祭り”最高ウィッシュ!

ノンストップぅ“サンマ”でホッピーって、ガチ、ヤバいっしぃ。

確かにぃ、東京難民ハンパねぇ集まるしぃ。

台風来てるんでぇ、ガチ、リアルな光景広がると思うィッシュ。

確かにぃ…

ちなみにぃ、
俺“GODAIGO”

あれ?タケカワ!?

ヤベっ、爺ちゃん“タケシタ”

ウィッシュ。

“フクダぁーっ!”ドキュメント放送変更!?

20080918231316
10月テレビ東京にて放送予定だった、和気優・少年院ツアーのドキュメント放送日が変更になった。

11月8日土曜日午後1時55分に変わったのでお知らせする。

なぜ変更に!?

それはズバリ総裁選。

こんな処にまで影響がぁ…

ぬぅっ!

“フクダぁーっ!”

と言うことで、アッサリ予定を変更しておきましょう。

もう一度、

テレビ東京にて、

10月11日放送→11月8日土曜日午後1時55分に変更。

だっ!

PS.関東地方の話なので、他の地域はまだ不明です。

何もないのが、魅力的。

20080918001633
早速、新米空米を炊いていただきました。

まずは、空米ご飯のみを口にパクッと。

するとどうだろう…

たちまち、吟醸香が口いっぱいに広がり、何とも言えぬ幸せな充実感に満たされました。

マジ、うめーっ!

あとは、漬け物と汁だけで充分。

もちろん、お代わりも!(お代わりって更にウマいよねー、なぜか)

そこへ、熊本からシタール奏者の仲間が訪ねて来まして、当然、
「食べて行きなさい」
となるわけで、この感じが百姓っぽくてまたイイわけですよ。

判るかい!?

そんな満ち足りた気持ちをよそに思うところ有り。

地方に行くと感じること。

当然、過疎化が進んでるじゃない。

且つ地場産業が低迷しているから、キツいよね。

そこへ無理矢理、税金使って“ハコモノ”造るから、金は回らないわ、風情はぶち壊しだわ、若者は去るわ…

踏んだり蹴ったりだよな。

まぁ、自業自得なんだけどさ。

思うわけ、何にもないのが一番なんじゃないの?

“何もない”は素晴らしいよね。

よく見たら、河があって、山がある。

当たり前なんだけど、最近はこの当たり前が日本に無くなってるからね。

何より、ホッとするよ。

造られたモノって言うのはさ、タマに目障りで、うっとうしいんだよな。

説明クサくて。

その点、何もないのはイイよね。

自然だから。

街だってそう。

古いビルなんて、いいよ。

人間の生きてきた垢が付いていて。

耐震とか、問題あるかもしれないけど、味わいがあるのにね。

そんな建物が集まった路地なんて、たまんないねー。

それだけで、酒呑めるよな。

いやいや、言いたいことは尽きませんが。

“何もない”

その嘆きを、豊かなココロで、是非、自慢にして下さい。

いずれ、出ていった若者が“何もない”故郷へ、癒されに帰ってくるよ。

百姓をナメんな!

20080917004906
見て見て!
この美しき“空米”の輝き。

流山より、今年の新米空米届きましたのだ!

頬ずりするほど、愛おしい“空米”

文句なく旨い!甘い!香ばしい!

もちろん、有機無農薬。

食べに来てチョ。

さてさて、何々!?

汚染米!?

そんな米の銘柄あったかな?

何が腹立つかって、政府よ、百姓をナメんな!

と、叫びたい、いや叫ぶ!

なんでわざわざ、外国からそんなクソ米取らなきゃならない?

日本には素晴らしい米があって、エラい百姓たちが沢山いるのに!

減反で百姓困らせ、挙げ句、要らぬ米を引き取って、信用を失い、子供を殺すような毒を振りまく!

最悪なのは、誰も知らぬ存ぜぬだ!

日本のココロを蝕み、文化や技術、伝統を腐らせ、終いにゃリーマンなんとかで株価がどうのと!

首相は勝手に辞めて、政治家を辞めないって、いい加減にしやがれ!

腹切れ、腹を…
いや、生きろ!
生きて生き恥さらせ!

とにかくだ!

何もかも虚像を作り上げてきた“オトナ”たちと、政治がワルい!

悪の元凶そのものだ!

百姓ナメんな!

ツアー“便所のらくがき”

20080916135843
店の便所、通称“パキ○タン”

特に他意はない。

便所に“らくがき”もない。

さて、大事な報告がある。

名古屋、大阪のツアーが決まった。

東京も企画中だ。

11月15日が大阪“SEVEN DAYS OSAKA”

11月17日が名古屋“ell.SIZE”

である。

東京も決定次第お知らせする。

大阪はソロ初のワンマンライヴなのだ!

少年院ツアー“狂い咲きの詩”とは違う、素の和気優を堪能してほしい。

あっ、銀次郎(SR400)は同行しないよ。

新幹線ね。

いいっしょ!タマには。

王道と覇道

20080915172133
十五夜のチベット兎。

近ごろ…

静かなるブーム“三国志”

とりわけ、俺が好きなのは“魏・呉・蜀”三国のうち孫権率いる“呉(ご)”の軍師“周瑜(しゅうゆ)”である。

周瑜については後に語るとして、世には“王道”と“覇道”なる道があるとされる。

如何なることか?

蜀の劉備は“王道”
魏の曹操は“覇道”
と現されるが“王道”とは何か?

“王道”とは揺るぎない道、つまり、本人が動かなくても、勝手にやってくる状態を指す。

反して“覇道”とは、自らが切り開いていく道である。

分かりやすく言うと“王道”は仁徳で治める道。

“覇道”は武力で治安する道。

しかし、戦争の例え話を言いたいのではない。
人間の生き方に通じる道を語っているのだ。

つまり“キャラ”の原理でもある。

例えば、
“武田信玄と織田信長”
例えば、
“キング牧師とマルコムX”
例えば、
“西川きよしと横山やすし”
例えば、
“やくみつると朝青龍”
いや、これはどっちもどっちか…

“王道”と“覇道”はバランスである。

どちらも存在すべき道であり、極める道理である。

衝突ありき。

それぞれ、対立しながらも理解し、向き合って、はじめて事は成せるのだ。

俺は…

選ぶべきはヤッパリ“覇道”かな?

“王道”では、じっとしていられないからね。

短気で落ち着きがないからな。

アナタならどっち?

あしたのジョー

20080914123459
嬉しいことがある。

少年院の卒院生からメッセージが書き込まれていた。

“ありがとうごさいました”

と…

俺は、この言葉だけで、泣ける、力湧く。

“ありがとう”は俺の方だぜ。

だって、お前たちがそこに居てくれたから、俺は救われてるのに。

あしたをもらってるのに。

俺にとって、少年たちは“あしたのジョー”だ。

あしたの生きる勇気をもらってる。

それにもうひとつ、少年院の職員からも激励のメッセージが入っていた。

生きていて良かったと、つくづく思う。

これでまた弾き叫ぶことができる!

たこ焼き~なれ寿司ロード。

20080913194109
和歌山ラーメンセット。

大阪ナイトから明けて、和歌山に参りました。

寝床を提供してくれたり、車を出してくれたり、色々と世話になった“英士”よ。

いつもワルいな~
また、至れり尽くせり、頼むわ~。

さて、
今年の少年院・児童自立支援施設ツアー
“狂い咲きの詩2008”
で、巡り会った“大江”さんを訪ねに、彼のお弁当屋さん“和(なごみ)”へ伺ったのです。

大江さんからは、自らの経験をもとに、意義深い話を幾つも頂きました。

何より、少年院や自立支援施設などの卒院生を受け入れていく為の、貴重な話を聞くことが出来ました。

更に、人権問題(人権啓発/これはすべてをココで語るのは難しいため、確実調べて欲しい)に取り組んでいる組織の人たちや、以前にも紹介したBBS連盟(これも調べて下さい)などに関わる重要な方を紹介して頂きました。

一気にネットワークが広がり、様々な困難の解決における糸口が掴めそうです。
心底、感謝です!

まだまだ、話足りず、聞きたいこと、伝えたいことが、どっさりあるのに、時間は無情だ。

次は、トコトン話すつもりで伺います。

何はともあれ、浪速恋いしぐれ、有意義な“たこ焼き~なれ寿司”ロードした!

なんぼっ!?
プロフィール

和気優

Author:和気優
バイクに跨りギターを背負って、日本中の少年院
を“生きろ!生きろ!”と弾き叫ぶ!

未だに、ガキの頃を思い返すと悔しくて涙が出る
便所にひとりで行くのが恐くてネショベン垂れた
親戚は冷たかった
毎日夕方、バスの停留所でずっと待った
誰でもいい、誰かが俺を迎えに来てくれる事を
親父よ、お袋よ、なぜだ?
どこからか流れてくるステレオの音
泣きながらその音を聴いてると、優しい気持ちになれた
いつからか、俺は大人と言う、つまらん時代を迎えた
そして10年前、中学時代の仲間が犯した殺人事件
俺は手探りで旅に出る
歌いながら、同じ様な目をした少年の所へ
その切っ掛けが与えてくれた答えを見つけるまで
走り続けるしかない

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。