スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄、九州弾き叫びサーキット!



少々、風邪気味。


画像は…

農民2号。


軽だと笑う事なかれ!

清水の仲間から購入。

今年も所持金ゼロで走り出した弾き叫びバイクツアー。


稼いだ金で、車を買って帰ってきたと言うワケ。


わらしべ長者かっ


この農民2号、コレから益子への行き来や田んぼへと、活躍する予定農業マシーンとなるであろう。


さて、明日から少年院ツアー後半戦。

まずは沖縄から。

沖縄、九州全県まわって、17日下北沢ファイナル!


祐太郎もカンバックで、張り切って弾き叫ぶぜ


では、行ってまいる!



------------------

和気優/少年院弾き叫びバイクツアー2010ファイナル!
下北沢Daisy Bar
10月17日日曜日

日程:2010年10月17日(日)
■会場:下北沢Daisy Bar
■時間:OPEN 19:00 / START 20:00
■料金:前売り 2500円(D別) / 当日 3000円(D別)
■タイトル:<少年院弾き叫びバイクツアー2010ファイナル「生きて帰れたらここで会おうぜ!!」>
■出演: 和気優 (ゲスト:松本哲也/祐太郎)
■チケット発売:8/14(土) ローソンチケット 0570-00-0777 Lコード予約 http://l-tike.com<Lコード 71175>
イープラス http://eee.eplus.co.jp DaisyBar店頭/
スポンサーサイト

甦る感性。



益子の陶芸家であり、家造りのスペシャリスト「白兵衞」さんが六本木で個展を開いているので行って来た。


炎がそのまま、土に乗り移ったかの様な風情。


不動明王てき、激情の焼き物がそこにはあった。


何もかも溶かしてしまう竈の中は、人間の踏み込めない地獄の臨界点。


その火を操る白兵衞氏は、閻魔か不動明王か、だ。


強い。


祐太郎の一件で、忘れていた「感覚」が一気に覚醒された。


ツアーが終わったら、また益子へ行かなければ…

時代。

P8130006.jpg

ツアー出発時に撮った祐太郎と連。





イイ感じの朝。

秋晴れ。

風も乾いている。




夕べ、祐太郎を迎えには我が旅友、バイクの「銀次郎」で行った。


走り軽快に、銀次郎も嬉しそうだった。


うん、うん。


良かった。






今回の騒動で、俺は改めて確信した。


俺たちが進む道に間違いは無い。



祐太郎の存在は「夢」であり「未来」そのものだ。


きれいごとではない。


しかし、確かな「進むべき道」を確信、確認できたのだ。


今回、いやそれ以上の試練はあるだろう。

だが、ブレるコトはもはや無い。



さ、祐太郎、先へ進もう。


権力にふんぞり返っている
バカどもをかまっているヒマは無い。




さらに…




少年院あたりで燻っている、第二、第三の祐太郎を俺は待つ!



夏に農民カフェで働いた、少年院あがりの「連」

連も10月17日のツアーファイナルに戻ってくる。


言いたいコト、伝えたいコトはこの日にキッチリ表現させてもらう。



祐太郎、連。



お前たちの、いや、俺も入れろよ
の、時代が来てるぜ。



TRUST ME TRUST YOU.







-----------------------------------


和気優少年院バイクツアー2010ファイナル!


日程:2010年10月17日(日)
■会場:下北沢Daisy Bar
■時間:OPEN 19:00 / START 20:00
■料金:前売り 2500円(D別) / 当日 3000円(D別)
■タイトル:<少年院弾き叫びバイクツアー2010ファイナル「生きて帰れたらここで会おうぜ!!」>
■出演: 和気優 (ゲスト:松本哲也他/祐太郎)
■チケット発売:8/14(土) ローソンチケット 0570-00-0777 Lコード予約 http://l-tike.com
イープラス http://eee.eplus.co.jp DaisyBar店頭/

祐太郎は元気です。



飯食う祐太郎。



よほど腹が減っていたのだろう、ドンブリ飯3杯を一気に平らげた。


何より、全国の世話になった仲間たちから激励のメールや電話を沢山いただきました。


語りたいコトは山ほどあるが、まずはありがとうを伝えたい!

祐太郎はまったく、モチベーションを下げてはいなかった。

それが、まず嬉しい。



みんな、本当にありがとう


速報

祐太郎、釈放決定!

これから迎えに行く!

とりあえず、吉報

祐太郎逮捕の真実!


不当逮捕され、48時間が経つ。

地検にまわされ、10日間の勾留は必至。
おそらく20日は留置されるだろう。


祐太郎は本当に何もしていない。

ただ、歌っていただけだ。

無理矢理止めなくてはならない状況は一切なかったし、誰にも迷惑かけていない。

路上で歌うコトも出来ないならば、この国に表現の自由は無いと言えるだろう。

ならば、終わりだ。

この国は。

あきらかに、祐太郎ではなく警官が誘導的に挑発的に祐太郎を公務執行妨害へと誘い込み、不当に逮捕している。

警官よ、警察よ、祐太郎が日々どれだけ寡黙に生き、元当事者である己の身を削り、少年院ラッパーとして、少年少女たちに勇気を与えているか

国家権力ども、知っているか?


祐太郎のラップを体験した少年少女たちに聞いてみろ!


お前たちに、不遇に泣く少年たちに「生きる」を伝えるコトが出来るか



出来まい


クソ野郎は、お前らだ


更生し、社会貢献している祐太郎の人生をぶち壊して、何なんだお前ら!


俺は許さない!


決して許さん!




祐太郎が楽しみにしていた、俺の10月17日の少年院ツアーファイナル。

そこに祐太郎は立つ予定なのだ!

しかしその日、祐太郎はまだブタ箱の中だろう…


その日を目指し、必死に努力していた祐太郎…





お巡りさんたち、このツケは、必ず払ってもらうぜ。

差し入れ。



祐太郎に差し入れ。

本人は検察に行っていて、居なかったが30日には面会出来ると言うので、また来る。

下北沢の空はずっと雨。


まったく、煮え切らない。


かわいそうに。

俺たちの叫びは鳴り止まず!




チクショウ!

時間が経つごと苛立つ!


全国の仲間たちよ、伝えるんだ!


今、起きている事実を!


俺たちの叫びを止めるコトはできない


祐太郎の真実を目撃しろ!


You-Tubeにもアップされた!

http://www.youtube.com/watch?v=rUvSiKo_ANc

祐太郎、未だ釈放されず。

IMG_0008.jpg


下北沢に雨が降る。


昨夜「公務執行妨害」で逮捕された祐太郎。

何が起きたかは、和気優TV(下記からの動画)を見てくれれば一目瞭然。

http://twitcasting.tv/youwaki


未だ釈放されず、孤独に留置されている祐太郎を思うと、今日の雨のようにココロが冷える。

祐太郎逮捕までの全記録!

祐太郎はただ、ただ、歌いたかっただけ!


自らが非行当事者であり、命がけで社会復帰して、少年院や児童自立支援施設をラップで慰問し、同じ境遇の少年少女たちに希望を与えようと人生を削っていた祐太郎!


みんな、目撃しろ!

俺たちは負けない!


祐太郎非情逮捕の全記録はココにある!

http://twitcasting.tv/youwaki

みんなに呼びかけろ!

真実を!


コレが本当の闘いだ

祐太郎、逮捕。

下北沢ストリート中に逮捕された。

今、警察署を出てきた。

非情逮捕だ。

仔細は後で。



グッと我慢だ、祐太郎。

銀次郎とギター。

P9100129.jpg

銀次郎。

SR-400カスタムスカチューン。

そして、紅のMyギター。

俺の旅に、これさえあればどこへでも行ける。

銀次郎とギターに刻まれた傷や錆が、旅の証だ。

これが、カッコイイと言うコト。

ホッといて…


台風の悪天候予想も外れ、見事な秋空が広がる下北沢。


まるでニューヨークにいる様な乾いた晴天。

清々しい。


こんな気持ちの良い日は、年に5回あるかないかだ。



こんな空の下にいると、細かいコトが馬鹿らしくなってくる。



円高がどうした?

尖閣諸島がなんだ?

不景気だからどうしろって?



俺は考えないよ、もー考えない。


なる様にしかならん、つーか、なる様にする


世の中に絶対合わせない。



生きる意味は、自分で作る。



勝手にホッといて



この空があれば大丈夫。


ドコへでも行ける!



そう、思えるのだ。

農民カフェ、NHKで放送されます!

今夜、農民カフェが「NHK総合テレビ」にて放送されます。

夜8時より「イキだね!わたしの東京時間」にて紹介されます。

ぜひ、ご覧下さい!

P8130010.jpg

毒蝮と夏。


下北沢に現れた「毒蝮三太夫」

拝んでおこう。


寒いっ!


あの酷暑の旅がウソのように寒い。


あー、ムセ返るような弾き叫びの旅が愛おしい。


我慢我慢。


もうすぐ、また始まる。


沖縄九州サーキット。


まだまだ、和気優の夏は終わらないぜ。

月見酒。


十五夜。

昨夜の農民カフェ庭より。

益子陶芸家「鹿丸」さんが来農。

ともに夜更けまで酒を交わし、農民にお泊りいただいた。

ナイスな夜であった。


かっぽれ、かっぽれ。

ギンザNow!


益子の陶芸家「竹下鹿丸」さんの個展に顔を出す。


相変わらず、伝統の焼きしめの風情の中に「今」のセンスが光る。


磁器にもトライしている。



鹿丸氏の作品は、農民カフェの器としでも活かされている。





久し振りの銀座。


Twitter的に言うなら、まさしく「ギンザNow!」


判る人は判る。



それより、10月からの少年院沖縄ツアーにおいて、国頭中学校での学校ライブが決定した。


沖縄本島最北端である。


和歌山の日進中学校に続き、
二度目の中学校弾き叫び


喉が鳴る…

母さん、いただきます。



炊きたての新米空米。

玄米も少々。

本日、解禁。



米の香りが際立ちます。


あー、日本のご飯。

母さん、俺は元気です!



と、言いたくなるな。


農民カフェにて、食せます。


砲撃のない戦争。


下北沢は茶沢通り。

この画像の丘上に、俺がツアーに出るまで風情ある古民家が建っていた。


酔って帰る時、月夜に浮かぶ、その古い屋敷の瓦屋根と松の木が、気持ちを和ませてくれた。



なんでもかんでも、ぶち壊して新しく建てる。


バブルを未だに引きずったようなシヴァ神的破壊と再生。

子どもたちが大人になって、懐かしく訪ねたとき、何もかも変わって、思い出の片鱗もない街に誰がしようとしているのだ


戦後、焼け野原に新しい街を築きあげたのも束の間、今また、砲撃のない戦争ですべてを破壊し、今度は要塞のようなコンクリートの塊りを作ろうとしている。

防犯カメラの目だらけの街に…




住みにくい。

戸を叩くのは誰だ


DVの相談を警察にして、殺害された事件。

警察が頼りだったのか、女性は警察の戸を叩いた。



警察に上申書まで書かされた男が帰宅後女性を殺害。


警察の限界である。



と、言うより相談は警察なのか?


身近に誰か居なかったのか


虐待などで窓口になる児童相談所などもそうだが、彼らはみな役人公務員である。

給料をもらって相談を受け付けている。

休みの日は、窓口には居ない人たちである。


何より、社会経験は皆無。


親に捨てられてもいなければ、非行経験もない人たちばかりの集団である。


殺した男は見透かしていただろう。

コイツらに説教されるいわれがあるか と。


説得力がない。


給料や立場を守られた人たちに、何が判るのか



以前から言っているが、元当事者が当事者の話を聞く、メッセージする、それ意外にない。


少年院の法務教官は、元少年院出院者があたるべきである。


DVには元DV加害者被害者が、麻薬中毒者には元麻薬中毒者が相手をするべきである。


我々も気付かなければならない。


社会とは、自分がどうするか の、現場なのである。


ゴミ処理も、人間関係も、誰かが何かをやってくれるのではなく、自らが当事者である意識が必要なのだ。


警察には、もっとやるべき道があるものだ。


相談、ではなく、隣人の戸を叩け。
プロフィール

和気優

Author:和気優
バイクに跨りギターを背負って、日本中の少年院
を“生きろ!生きろ!”と弾き叫ぶ!

未だに、ガキの頃を思い返すと悔しくて涙が出る
便所にひとりで行くのが恐くてネショベン垂れた
親戚は冷たかった
毎日夕方、バスの停留所でずっと待った
誰でもいい、誰かが俺を迎えに来てくれる事を
親父よ、お袋よ、なぜだ?
どこからか流れてくるステレオの音
泣きながらその音を聴いてると、優しい気持ちになれた
いつからか、俺は大人と言う、つまらん時代を迎えた
そして10年前、中学時代の仲間が犯した殺人事件
俺は手探りで旅に出る
歌いながら、同じ様な目をした少年の所へ
その切っ掛けが与えてくれた答えを見つけるまで
走り続けるしかない

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。