スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライ・ラマ猊下

o0800059711581895202.jpg

ダライ・ラマに会えました。

正直、遠くから拝顔できればそれだけでイイと思っていたが、帰りのバス時刻を確認しようとしたら、黒い車が目の前に停車し、突然に、いや必然にダライ・ラマが降りて来た。

誰も邪魔しません。

無意識に手を差し出すと、両手で俺の手を握り締めながら、穏やかな微笑みで見つめて、何か呟いてくれた。

なんて、柔らかな手なんだ…

大体、オトコの手を握って感激するなんて、ダライ・ラマ以外にあり得ん

静かに、高野山金剛峯寺へと上がって行かれました。

オンマニペメオン…

その後、高野山大学にて講演を聴いたが、俺の望みはもはや達成したのです。



帰京し、俺は更に立ち上がる。

決意は固まった。

依存や執着とは、オサラバだ
スポンサーサイト

大阪&和歌山弾き叫び報告!

IMG_4421.jpg

先生はやめてっ!!

和気優弾き叫び&被災地報告会ツアーも大阪梅田に和歌山中央コミュニティーセンターと弾き叫び終了した。

大阪では鷹比呂を始め、大阪ロッカーズたちが陣を固めてくれ、大入りであった!
メールでのやり取りだけにもかかわらず、しっかり約束を果たす素敵な男である。
感謝!!

和歌山も高野山BBS会会長の大江さんが仕切り、場面を作ってくれた。
大江さんも身体に不安を抱えながら果敢に目的に向かって突き進んでいる。

あぁ、ガレキに咲いた花たちはココにもいたいた。
そうさ!

さぁ、伝えるべきは伝えた。

あとは、次のアクションに繋げるのみ。
しかし、まだまだ始まったばかり。
機会あるたびにどこへでも出かけ、被災地報告&弾き叫びは続けるつもりだ。

さてさて、明日は「ダライ・ラマ」である。
呼び捨てでイイんかい!?

何が起きるか?
無心で行こう…

革命の衝動!!!!

IMG_4410.jpg

尼崎立花RIDE&ROLL

何度ここで弾き叫んできただろう。

思いで深い場所だ。

写真は3代目「慶太」

初対面にもかかわらず、一所懸命にやってくれた。

確かにっ!
そう思える男である。

ここRIDEを仕切っていた先代「マックス」も顔を出してくれた。
しかし、そのマックスから聞かされた近況に愕然とした。

新しい事業で狭間に立ち、にっちもさっちもいかなくなり、すべてを失いかけたこと。
その奥にはいやらしき金の亡者たちによる、ご都合主義がはびこっていた。
確かに、本人が甘かった事は否めないだろうが、人を陥れるにはあまりに身勝手な取引があったようだ。

今は、家族を守る為に懸命に働いている。

俺のところも例外ではない。
そう思う。

今や、深夜営業を停止されスタッフは身を削りがんばっている。
しかし、妨害は他にもある!
いろいろ言い出したらキリがないが、世の中の金を握りしめた亡者たちの「ご都合主義」にはひたすらあきれる。
ハッキリ言おう、俺たちは必死に頑張っているだけだ。

だが、だが、何かが違う!
何かが。

俺はある決断をしなければならないかもしれない。
単純にバカらしいのである。

このエネルギーを、情熱を、ナケナシの金を…
こんな無駄な生き物たちに費やしていていいのだろうか?

答えはNO!だ!!

勝手にやってろ!

いずれ気付くだろう。

その時、懺悔するだろう。

あの福島で農民たちが訴訟問題に明け暮れている姿。
本来なら土と向かい合って本来の百姓らしい生活を営んでいるべき存在が、まるで化け物のような国や企業に向かって訴訟にエネルギーを奪われている。
エネルギーを供給するべき電力野郎に、逆にエネルギーを、生きる情熱を奪われている。

こんな矛盾はあっていいだろうか?

俺たちも同じだ!

あほらしい。

つくづく、つくづく、感じる!

見てやがれ、腐りきった世間ども!
本当の革命を、人間の立ち上がりを見せてやる!

革命の衝動を感じるのだ!!!

弾き叫び&被災地報告ツアー!スタート

o0640048011575075195.jpg

弾き叫び&被災地報告ツアーが始まった。

初演は大阪和泉府中のイタリアバールMUSICA

以前、TIBET TIBETやLotus cafeの常連でもあったマスダが独立して開業した店だ。

マスダがJACK KNIFEが好きだったこともあり、バンド楽曲も多数弾き叫んだ。

弾き叫びが終わり、集まってくれた人たちと飲みながら話をした。

報告会らしく、被災地の現状や出会い、それに大分での被災農家支援プロジェクトの話などを伝えた。

みな、真剣に受け止めてくれた。

話も深まり、それぞれの人生談へ。

もはや涙、涙の打ち明け話と化した。

人は、伝えられないと不完全燃焼を起こす生き物だ。

上手に燃やし切ると、ココロの毒が抜け、代謝する。

最後はみんな、毒の抜け切った顔に戻り、家路へついた。

俺は腹減るあまり、カップラーメンダブル食いで、毒をたっぷり仕込んでしまった!

イカンイカン。

説得力ナシ

これより関西出発!

IMG_4393.jpg

農民カフェ仕込み終わりで関西へ。

弾き叫び&被災地報告会ツアー!

まずは大阪和泉へ。


ツアー日程

*10月27日(木)弾き叫び&被災地報告会 Italian bar MUSICA 大阪府和泉市 0725-40-1090
*10月28日(金)弾き叫び&被災地報告会 RIDE&ROLL 兵庫県尼崎市立花 06-6433-2111
*10月29日(土)弾き叫び&被災地報告会 POTATO KID 大阪市北区兎我野町 06-6315-9394
*10月30日(日)弾き叫び&被災地報告会 中央コミュニティーセンター 和歌山市 073-402-2678 

大地震!津波!放射能!大雨!増税!円高!デフレ!世界恐慌!TPP!

ロクなコトがなかった2011

それでも救いは、生きてるってコトよ!

かかってきやがれ!

TPP

IMG_4394.jpg

日本農業新聞、TPP記事!

TPPか…

日本の農業は常に貿易の為に犠牲となってきたからな。
車を売るため、家電を売るため、その代償として農産物が輸入され自給率を減らしていった。
無論、それがすべてではないが…

今までの体質を考えれば、確実に百姓殺しと言える。

だが、恐れるなかれ。

自立した農業を志していれば、大した問題ではない。

出来れば国産のものを食べたい、は、国民の共通認識であることは間違いない。
放射能の問題はあるが、食べ物くらい国産でありたいは当然である。

幾ら自由化が進んでも、選ぶは消費者にある。
良いものが売れる、は正しいワケで、生活を守るも、国半分、市民半分、自衛は当たり前。
自由とは何でもありではなくて、自由を受入れるには自覚が必要と言うこと。

消費者と生産者がしっかりと手を結んでれば、自由化は逆に追い風となる。

農も輸出できる。

日本の素晴らしき農を世界に!
可能性は大いにある。
産物だけではない技術も輸出できるじゃないか。

その為のTPPだろ!?

秋の夜長に、バビロンとアイリー!

o0478064011569358794.jpg

農民カフェの庭にある柿の実が色付いてきた。

イイねえ。

季節が漂う農民カフェは、気持ちがいい。

o0640047811569358796.jpg


昨夜は保坂のぶと世田谷区長を励ます集いに出席。

こうした所謂、政治パーティーは初めてだ。

あちこちに、大物政治家がおる、おる。

山本コータローまでウロウロしてやがる。

と思っていたら、菅元総理も登場。

凄っ!

感心していたら、ココで一番怪しく存在してるのは和気優だ!と言われた。

下北沢の主たちも多数集って、なかなか楽しいパーティーであった。

下北沢にもどったら、店には学院の先生やら、ドイツへ帰る仲間やら、ラスタのヤマンたちやら、舞踏の鶴やらゲスト多数!

アイリーとバビロンが同時に降ってきたような夜となった。

サミー&スマイル!

IMG_1311.jpg

15年ぶりの「サミー&スマイル」をバンド叫び!
JACK KNIFEではライヴのスーパーソングだ!

代々木公園「アースガーデン」による野外音楽堂にてTEX& the Sun Flower Seedと共に。

IMG_1325.jpg

天気はこの上なく、ピーカンっ!!
暑くて夏が戻って来たようだ。
サイコーッ!ありがたや。

IMG_1316.jpg

当然、腕をフリフリ「サミスマアクション!」



岩手のツアー友エルスカンクの「ショウイチ」たちとも一緒だった。
フランスでお世話になったレジーナさんも駆けつけてくれた!
レジーナさんたちとはこのあと、農民カフェにて落ち合うコトになっている。

下北沢でマルシェの候補地となっている「世田谷カソリック教会」では、仲間が結婚式を挙げている。

あっちでこっちで、ハッピーなバイブを感じているよ!

さぁ、くよくよしていられない!
傾いた店を建て直すぜ!
そうさ、権力行使の奴らの思う壷とは、ならぬが「俺様」よ!!

千葉県旭「Nature Lovers 2011」

IMG_4365.jpg

千葉県旭「Nature Lovers 2011」で野外弾き叫び。

ココ「旭」も被災地のひとつ。

今年の弾き叫びバイクツアー2011の最初の訪問地でもあった。

ここ1年程で仲間になった、主催の「PEPPERMINT」ゆかりのミュージシャンたちが集まった。

なんと言っても、今朝までの土砂降りが嘘のように晴れ渡った。

そしてこんな間近に風力発電のマシーンを見たのも初めてだ、デカイ!!

午後から気温も上がり、海風が心地よい。

今日のステージは飛ばさず、殺さず、程よく、高回転、な感じだった。

ここ何回かのステージは、学校やらフランスの刑務所やら、シチュエーションが目まぐるしく変わったステージが続いていたので、純粋に「音」を楽しんだ。

他のミュージシャンも伸び伸びしていたようだ。

進行もソツなく…な感じではあったが、被災当事者にステージで吠えて欲しかった。

今年のツアーでダイレクトに体感したものの、この街においても、我々では計り知れない苦悩と闘っているハズなのだ。

当事者の声に勝るものはない。

とは言うものの、このイベントの気運が、実を結ぶ事をココロから願っている。

今月の弾き叫び情報!

IMG_3622.jpg

せわしく生きてます。

今月の弾き叫び情報!

10月22日(土)Nature Lovers 2011 千葉県旭市海上 滝のさと自然公園 「芝生の広場」出演は17:00
10月23日(日)アースガーデン 代々木公園野外音楽堂 出演は午前11:50
10月27日(木)弾き叫び&被災地報告会 Italian bar MUSICA 大阪府和泉市 0725-40-1090
10月28日(金)弾き叫び&被災地報告会 RIDE&ROLL 兵庫県尼崎市立花 06-6433-2111
10月29日(土)弾き叫び&被災地報告会 POTATO KID 大阪市北区兎我野町 06-6315-9394
10月30日(日)弾き叫び&被災地報告会 高野山BBS会 和歌山市

千葉、東京、大阪、兵庫、和歌山と弾き叫び渡ります!

Ciao!

BAND BAND BAND!!!

IMG_4342.jpg

十数年ぶりにバンドでリハーサル!

TEX & Sun Flower Seedと共演。
実に楽しめた!

この模様は23日のアースガーデン代々木公園野外音楽堂にて。
和気優ソロでは11時50分から弾き叫びます!

バンドはその後…

いろいろ苦悩が多いが、やはり音楽は最高の良薬だ!

南戸塚中学校弾き叫び!

RIMG0424.jpg

南戸塚中学校(ナントツ)での弾き叫びが終了した。

楽しめたよ!

先日合わせた生徒たちも参加して「青空とカレーライス」

初々しさが輝いている!

学校の文化祭でもあった。
舞台裏のバタバタ感が、一生懸命さが、すごく良かった。

やっぱり、中学校弾き叫びはたまらん!

企画してくれた職員の方々にも感謝したい。

ありがとう!

奇想天外フランスツアー!

IMG_4309.jpg

実はパリのシャルルドゴール空港で2時間足止めを喰った。

不審物が見つかり、爆弾処理班が空港をクローズ。
最後は銃で狙撃!
トランクの黒い部分がその的。

いやいや、最後まで奇想天外なフランスの旅だった。

イイね、フランス!
気に入ったぜ!

今度はレンヌ最大の音楽フェス「トランスミュージカル」に出演したいな!

そんでまた、プリズン弾き叫びも!

農の繋がりも深く、夢は農民カフェ(ペイサンカフェ)フランス出店!

やったるぜ!


Facebookなどでも伝えたが、実はBAD NEWSがある!

下北沢南口店の「Lotus cafe」と「TIBET TIBET」両店が12時以降の深夜営業を止められた!

そもそも風営法的には出来ない区域らしいが10年以上やって来て今更かよ!!

例の暴力団の閉め出し強化とも関連しているようだ。
ふざけんな!

だかよ、負けないぜ

さらばレンヌ、さらばフランス!

IMG_4194.jpg

さて、帰り支度を始めるか。

フランスの旅、収穫は十分。

「農」と「音」は国境を越えることを確信したし、日本と同じ理論でプロジェクトを進めていけると感じた。

フランスにおいての反原発の動きも相当である。
農業に関しては日本の非ではない。
まさに先進国と言える。

今、俺たちは「アメリカ型」の人生から「ヨーロッパ型」の人生に切り替えるべきではないか!?
「生きる」とはどう言うことか?
アメリカのように市場の中で常に勝ち負けを付けながら生きるのか、フランスのように「生きる為に生きる」を実践するのか…

フランスも社会的には多様な問題を抱えている。
移民たちの問題や、失業率、経済的問題。

しかし、シミったれたところは微塵もない。

旨い料理と音楽と仲間がいればそれで十分。
人生とは「生きる」とは、何と素晴らしいコトか!

そう歌っている。

世の中は世の中、己の人生は己自身。

振り回され続けている日本における「営み」を、変える必要がある。

さぁ、帰国したら早速プロジェクトの駒を進めよう!

「農」と「食」と「音」は、まさにひとつである!




追伸…柳ジョージさん、永遠に。

レンヌ刑務所からのメッセージ!

IMG_4260.jpg

先日弾き叫んだ「レンヌ刑務所」からメッセージが届いた。

あの時参加していた奴らは未だに、あの時間の事を話題にしていると。
そして和気優の農民ソングでみんな大合唱の「ありがたや」のフレーズを「ALIGATAYA」と書いて送ってくれた。
ありがたや!

帰国前に最高のみやげとなった。

IMG_4254.jpg

お世話になったパッセの「レジーヌファミリー」からレンヌのお屋敷に引っ越し。
その途中、パオで生活する人々を訪ねた。

生活そのものをBIOで生きている人たち。
たくましさの塊である。
住んでいるのは女子だけどね。
男ども負けるなよ!

IMG_4262.jpg

レンヌのお屋敷に来て、ランチのもてなし。
素敵!

IMG_4265.jpg

フロマージュに…

IMG_4266.jpg

これは酪農家「バン」さんのヨーグルトだが、信じられない濃厚さ!
こんなの初体験!

ここにまできて、フランスの農と食にノックアウトされた。

しかし悪党の叫びは続く!

いよいよ、マズイか!?

IMG_4214.jpg

フランスはレンヌで10月15日に反原発のデモがある。
俺の帰国とすれ違い、悔しい。

なんて思っていたら、おいおい東京、しかも世田谷。
ヤバいな!
この記事http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000103-mai-soci


来るモノ来たか!?と言う感じではあるが、相当マズイ。




と言っていたら、栗城くんエベレスト断念か…

エベレストの頂上にプルトニウム、なんて時代はゴメンだぜ。



その前に我々の足下、下北沢はどうだ?



オイラがおフランスにいる間に、こんな事態になりやがって!

帰国する気が失せる…

最悪の事も想定しておかねばならぬ時が来るかもしれない。

パッセ市民集会弾き叫び!

パッセ

レンヌ刑務所弾き叫びに続き、パッセの公民館で開催された市民集会にて弾き叫び!
フランスダブルヘッダー。

日本から元日仏会館フランス事務局の雨宮夫妻が被災現状をメッセージ、そして和気優弾き叫び。

寝床を提供してくれているレジーナさんが音頭をとってくれた。

農家やその関連の人々も駆けつけてくれて、農業における気持ちは世界共通なのだと認識した。

フランスは言わずと知れた「農業大国」であり「原発大国」である。

日本と同じような、いや更に深刻な問題をこの国は抱えている。

いくら地震がないとは言え「人間の作ったモノはいつか壊れる」は、事実揺るぎない。

とにかく、フランスの大きな山場は終わった。

残りわずかなフランスを満喫するとしよう。

メルシー。

フランス、レンヌ刑務所で弾き叫び!

IMG_4149.jpg

遂にやったぜ!

フランスはレンヌの刑務所で弾き叫び!

受刑者の中から希望で15名程が参加。
小さな部屋に集まり、約1時間30分にわたって弾き叫びとディスカッション。
盛り上がった。
最後はハグでしめた。
撮影はさすがにNGだったが、受刑者の自由度からくる緊張感は日本の刑務所とは比較にならない。
金網をよじ登っている奴もいた。
タバコも自由に吸えるようだ。

弾き叫びはTRUST ME TRUST YOUをフランス語で歌いながら、あとはオリジナルを日本語で弾き叫び倒したが、それが良かったようだ。

「悪党」も叫んでやった!

終わってひとり「俺も音楽をやっているんだが、俺にも何か出来ないか?」的な事を言っていた受刑者が居たので「ココを出たら同じような運命に苦しんでいる仲間たちに向かって歌えよ、お前の言葉を待っている奴が必ずいる!」と伝えてやった。
だって事実だからな。
日本もフランスも同じさ。
ただ、人種の数は半端ないが…

IMG_4157.jpg

この方、今回の件を繋いでくれたムッシュ。
通訳は雨宮さんが代行してくれて助かった!

IMG_4170.jpg

こんな屋敷に住んでいます。

IMG_4139.jpg

昼はこのテーブルで、見た事もないフォアグラの山盛りに、なんとか?言うボルドーの凄いワインに貴腐ワインに、あれもこれも…

刑務所行く前の、それは素敵なランチでした。

音楽と農業は無敵だ!

これからパッセの公民館にて「反原発市民運動の会」弾き叫び!

カンカルのシャトーレストラン。

IMG_4077.jpg

カンカルのシャトーレストラン。

昨年、日仏会館でパネルディスカッションを共にした三ツ星レストランオーナーシェフ「オリビエ・ロランジェ」氏の店である。

パッセから車で約2時間。
城壁で有名な「サンマロ」から更に1時間程。
のどかな街「カンカル」に到着する。
その岬の先端に古くから街を見守る「城」その城をリノベーションしたとっておきの場所である。

IMG_4083.jpg

まず、シャンパンで口を濯ぎ、前菜をいただく。
添えられたバケットとバターに驚く!
旨し!

IMG_4085.jpg

まず出てくるのがこの地域名産の牡蠣。
ドカンとてんこ盛りである。
これ一人分。

IMG_4088.jpg

メインは鱸のムニエルと、このアワビに地野菜の取り合わせ。
たまらん!

IMG_4091.jpg

デザートはここからよりどりみどり。
幾らでも食べて良し!
珈琲と合わせて3種をチョイス。
そのひとつフランボワーズ的な菓子には明らかに「山椒」が効かせてあった。
ナイス。

ワインは「CHINON」赤。
ボトルで頂き。

さてさて、しめて二人で170ユーロ程。
安っ!
日本ならざっと4倍はするだろう。

IMG_4125.jpg

帰りにオイラの「モンサンミッシェル」へ。

ブルターニュ、おそるべし。

多様な有機の在り方。

IMG_3929.jpg

居候している街、パッセ蚤の市における路上の少年ミュージシャン。
蚤の市を見学してギッシャンの有機見本市へ…
ところが、道に迷って大遅刻。

IMG_3941.jpg


やっと晴れた有機見本市。

IMG_3946.jpg

とにかく、何でも有機!

IMG_3950.jpg

何が何でも有機!

IMG_3965.jpg

これは勇気!

IMG_3960.jpg

メリーゴーラウンドも有機!
プロフィール

和気優

Author:和気優
バイクに跨りギターを背負って、日本中の少年院
を“生きろ!生きろ!”と弾き叫ぶ!

未だに、ガキの頃を思い返すと悔しくて涙が出る
便所にひとりで行くのが恐くてネショベン垂れた
親戚は冷たかった
毎日夕方、バスの停留所でずっと待った
誰でもいい、誰かが俺を迎えに来てくれる事を
親父よ、お袋よ、なぜだ?
どこからか流れてくるステレオの音
泣きながらその音を聴いてると、優しい気持ちになれた
いつからか、俺は大人と言う、つまらん時代を迎えた
そして10年前、中学時代の仲間が犯した殺人事件
俺は手探りで旅に出る
歌いながら、同じ様な目をした少年の所へ
その切っ掛けが与えてくれた答えを見つけるまで
走り続けるしかない

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。