スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラレンスとの写真。

写真

身を整理する為の学大レジデンスへの引っ越し。
荷物を整理していたらこんな写真が出てきた。
昨年他界したブルーススプリングスティーンの相棒「クラレンスクレモンス」
レディガガの“The Edge of Glory”にも登場していた。
1995年、JACK KNIFEとの共演である。

クラレンスは俺たちに言った。
アメリカで共にツアーしようじゃないか!

燃えてきた!
燃えてきたぜ!!
スポンサーサイト

和気優ドキュメント放送決定!

ガレキ-セピア

和気優ドキュメントが全アジアネット(なぜか日本ではネットされていない)で放送決定!

Channel News Asia
放送日時:2013年3月3日(日)20:00-20:54

明日(23日)下北沢あおぞらマルシェ!

IMG_0057.jpg

明日(23日)です!
「下北沢あおぞらマルシェ」

雨でも決行!ケッコウ!そりゃケッコーっ!

フェアトレード万歳!!

徳島少年上京。

IMG_0031.jpg

徳島少年「リュウタロウ」16歳、上京!

晴れて独り立ち。

家から仕事から工面してくれた「柳」さん、お世話になります。

ならず者の歌。

IMG_8271.jpg

聞いて欲しい。

ならず者のつぶやきを。


俺は関わるものの半分を切ります。
自らフェアトレードと言っておきながら、アンフェアに身を置いていた自分の身を半分にします。

そして、一切のアンフェアなトレードから身を引きます。

でなければ嘘だ、嘘になる。

悟るまでに沢山の人と金を失ったが、今、気持ちはひとつ…

この人生のすべてを、関わるアンフェアと闘う人たちと共に生きます。


福島を巡り、大分国東の農民カフェの庭先で、薪を焼べながら青い空に気付かされた。



ジョーストラマーが生きていたら、背中を押してくれただろう。

ジョンレノンもボブマーレイもゲバラもいないけど、教えてくれたのはこう言うことだったんだ。


今やっと、過去の自分ではなくて、今の世界を歌えそうだ。

食卓を畑に。


Yeah!
農民カフェ学芸大学店、本日の農民惣菜プレート。
食卓を畑に!

フェアトレードとツーリズム

IMG_9869.jpg

美しい。
本当に美しい国東半島。
大自然と言うより、自然と人間の営みが織りなす景観のバランスが絶妙。

行ってみたいでしょう!?

行けるよ。

国東農民カフェが出来るし。


俺の中にはこんな空間と都会の猥雑な空間が同居している。
どちらか?ではなくて両方ある。
双方にある利点と矛盾の絡まった糸をほぐすようにイメージする。

その鍵は「フェアトレード」と「ツーリズム」であることが見えた。

生産者は良いものを作り売る。
消費者はキチンと選んで買う。
その間を「ツーリズム」が補う。
ツーリズムの鍵は「泊まる/泊められること」

だから学芸大学の農民カフェは泊まれるカフェ(酒場)&レジデンスとして生まれた。

フェアトレードの現場は「下北沢あおぞらマルシェ」にある。
学大の目黒マルシェも構想中。



土水空の件ではご心配おかけしてますが、和気優はまったくブレてません。
大丈夫です。

と言うより、すでに次に向かってます。

福島農民との約束を果たす為にも、前進します!

お詫びとお知らせ。

おはようございます!

今日は残念なお知らせです。

フェアトレードを掲げて立ち上げた「土水空(DO MI SO)」でしたが、同場所での維持が困難となり撤退する事に決めました。

関係して下さった方々には、本当に申し訳なく思っております。

心よりお詫び申し上げます。

前「TIBET TIBET」では12年間、思い出の染み付いた場所なので、何とか頑張ろうと努力しましたが、和気個人のチカラではどうにもならなくなりました。

しかしフェアトレードストア「土水空」としての機能は残します。
農民カフェ各店に「土水空」コーナーを設置し、商品販売は続けます。

フェアトレードに傷を付けるような事になってしまった事が一番悔しいです。

この借りは必ず返します。
当然マルシェは続けます!

三歩進んで二歩下がる。
フェアトレード精神は不滅です!

和気優

ゼロから3トンの奇跡。

IMG_9834.jpg

帰京しました。
福島/大分の旅。

村田くんはもはや被災農家ではありません。
立派な大分の国東農民です!

良かった、本当に良かったと思う。

「ゼロから3トン以上」

そう、まったくのゼロ(いやマイナスか!?)から3トン以上の収穫。
わらしベ長者ではないが、これぞ農業の醍醐味ではないか?

次の問題の前に、今はただ「ゼロから3トン」の農の奇跡を噛み締めたい。



俺もやろう。

もう一度リセットしてゼロ(俺も様々超マイナスだな…)からの奇跡を。

農よありがとう。

農FUTURE!
プロフィール

和気優

Author:和気優
バイクに跨りギターを背負って、日本中の少年院
を“生きろ!生きろ!”と弾き叫ぶ!

未だに、ガキの頃を思い返すと悔しくて涙が出る
便所にひとりで行くのが恐くてネショベン垂れた
親戚は冷たかった
毎日夕方、バスの停留所でずっと待った
誰でもいい、誰かが俺を迎えに来てくれる事を
親父よ、お袋よ、なぜだ?
どこからか流れてくるステレオの音
泣きながらその音を聴いてると、優しい気持ちになれた
いつからか、俺は大人と言う、つまらん時代を迎えた
そして10年前、中学時代の仲間が犯した殺人事件
俺は手探りで旅に出る
歌いながら、同じ様な目をした少年の所へ
その切っ掛けが与えてくれた答えを見つけるまで
走り続けるしかない

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。