スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば2012

IMG_8269.jpg

2012年。
ありがとう。
ジェットコースターのような激しい1年となった。

その全貌は春のテレビでお楽しみに。

2012に感謝と中指立てて、生きてやる!
スポンサーサイト

和気優へのメッセージ。

画像 677

おい、和気優。

生きてるか?

2008年の和気優から2012年の和気優へ。

フクシマキッチン

IMG_6701.jpg

本日「フクシマキッチン」
支援などとは、おこがましい限りですが、福島農家の旗を掲げて始まるぜ!
カトリック教会世田谷にて。
17:00~22:00

福島農家のジャガイモをポタージュ(和気優 作)に仕立てて、会津蕎麦粉のパンといただきます。
酒もオーガニックなシャンパンから、古くから付き合いのある会津の地酒「末廣」の熱燗まで!

教会敷地内ではライヴもあり!

傷だらけの銀次郎。

IMG_0124.jpg

傷だらけの銀次郎。

久し振りに銀次郎に股がる。
旅の鼓動が甦る。

また、走ろう銀次郎。
しばし休んでくれ。

Rock'n Roll Farmer YOU WAKI



来年放送予定の「和気優ドキュメント」トレーラー、遂に公開です!
「ROCK&ROLL FARMER」

「道」

IMG_8246.jpg

もし、君が何かで悩んだり苦しんだりしていたら「道」に立つとイイ。

「道」はいつでも誰にでもフェアだ。

「道」の上にたち、もう一度原点に帰る。

「道」は必ずどこかの誰かに繋がっている。

道ゆく人々は、ただの通りすがりだろう、しかし1000人に一人は君の言葉に耳を傾けるに違いない。

世の中がどんなにがんじがらめになっても「道」には「自由」が残されているハズだ。
少なくとも俺はそう信じる。

道に立ち続ければ、いつの日か出会えるだろう「本当の自分」に。

生きるシャワー!

IMG_9535.jpg

朝日のシャワー!!!

建物面積が200㎡以上の農民カフェ学芸大学店の掃除を終えて、一息。

生活の中の「農民カフェ/酒場」となった。
真実の「お帰りなさい」「いってらっしゃい」「ただいま」「行ってきます」がある。

だって暮らしてますから。

地味に強く生きておりまする。

和牛。

IMG_0111.jpg

「和気優」と入力しようとしたら「和牛」となった。
俺もまだまだだな。

農民CALLING!!!

RIMG0488.jpg

もう一度言う!!
農民カフェ/酒場へみんな来いっ、コーイっ!!

だって、だってよ、農民カフェで旨いもん喰えば、それだけ繋がっている農家から沢山野菜買えるだろ!
農家が喜んでくれる!
それがフェアトレードだぜ!
だって、彼らは素晴らしい素材を育てている!
旨いもの食べて、繋がって、喜んでくれる!
こんな素晴らしく、判り易い世界が他にあるだろうか!?

だから農FUTURE!!!

農民CALLING!!!!

叫び続ける農FUTURE!

IMG_0089.jpg

学大アジトにて。
農民カフェ/酒場を伝えたい!

もっともっと伝えたい!

そして農の未来を感じて欲しい!

農FUTURE!!!!!!

フクシマキッチン

IMG_9971.jpg

フクシマキッチン

農民カフェのケータリングカー「農民ビュッフェ」
水道、冷蔵庫からガスバーナー、生ビールサーバーまで完備されたスペシャルな奴!
もちろん営業許可も取得済み。

この「農民ビュッフェ」を使って、この度「あおぞらマルシェ」の教会において「フクシマキッチン」を企画しております。

フクシマ素材100%で福島農家支援!

だれかこのキッチンに立とう!と言う方、おられませんか?

フクシマキッチン、シェフ募集!

nomin@mild.ocn.ne.jp

農民カフェ住人、和気優。

店頭

本日より、和気優は農民カフェ/酒場の学芸大学レジデンスへ本格引っ越し。

農民カフェ/酒場生活となるのだ!

世界中のみんな、遊びに来いよ!

忘年会、新年会、ガンガンやろうぜ!
こんな退屈極まりない世の中、呑んで喰って笑ってやろうぜ!
プロフィール

和気優

Author:和気優
バイクに跨りギターを背負って、日本中の少年院
を“生きろ!生きろ!”と弾き叫ぶ!

未だに、ガキの頃を思い返すと悔しくて涙が出る
便所にひとりで行くのが恐くてネショベン垂れた
親戚は冷たかった
毎日夕方、バスの停留所でずっと待った
誰でもいい、誰かが俺を迎えに来てくれる事を
親父よ、お袋よ、なぜだ?
どこからか流れてくるステレオの音
泣きながらその音を聴いてると、優しい気持ちになれた
いつからか、俺は大人と言う、つまらん時代を迎えた
そして10年前、中学時代の仲間が犯した殺人事件
俺は手探りで旅に出る
歌いながら、同じ様な目をした少年の所へ
その切っ掛けが与えてくれた答えを見つけるまで
走り続けるしかない

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。