スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、下北弾き叫び!

IMG_4802.jpg

告!!
本日26日(土)下北沢農民カフェにて弾き叫びます!
青空とカレーライスツアー2014の幕開けを古巣の下北沢で!
地味〜に、しかしジワリと叫ぶお座敷ライヴ。

和気優弾き叫びin下北沢農民カフェ
本日18:00開場/19:00開演
料金:2000円(D別)
下北沢農民カフェ

農FUTUREの夜明けじゃ!
スポンサーサイト

もしも明日があるならば…

和気優ツアーCD「明日の昼メシ代2014」から「もしも明日があるならば」
2011年の銀次郎との東北弾き叫びツアー「ガレキに花を咲かせましょう」メモリアル
新たに録音した映像。
立ち上がった被災農民、まるで「ガレキに咲いた花」の様な人々との出会いと葛藤の日々。
是非繋げて下さい!

パーティーは続くよ!

写真

夕べの「碑文谷あおぞらマルシェキックオフ」並びに「和気優のあおぞらカレー発売記念」のダブルパーティーに参加して下さった皆様、FBをお借りして御礼申し上げまする!!
むさ苦しい顔で失礼します。
いやー、相変わらずの「男祭り」でしたが、徐々に女子力上げていけるように努力しますっ!
女子力の大切さが身に染みて理解される今日この頃であります!
にしても、有り難き出会いが山盛りで、幸せな夜会でしたがな、ホンマ。
じき旅立ちますが、今後とも「和気優」と「あおぞらマルシェ」それにやっと立ち上がった和気優の農プロジェクト「Agri-Sky」をよろしくお願いします!!!!
農・食・音で世界を繋ぐ旅、続行中です!!
農FUTURE!

農・食・音で世界を繋ぐ!

名称未設定 1

農・食・音で世界を繋ぐ!
今、和気はその旅の真っ最中です。
昨年、そのテーマで「モンゴル」を走りましたが、終着地「南アフリカ」まで行くつもりです。
バイクでギターを背負ってのスタイルは少年院ツアーから変わりません。
「農」と「食」と「音(表現)」は、人間が生きていれば世界中どこへ行っても必ずあるものです。
言葉を超えた「共通言語」なのです。
そしてその3つを旗印に世界を渡れるのは「俺」しかいないと思っております。
この3つの共通言語を持って、世界を繋ぎたいのです。
「農」と「食」と「音(表現)」には、縮図とも言って良い「人間問題」も多分に孕んでいます。
コントロールされ易く、洗脳されやすい要素でもあります。
その反面、原始的且つ未来的な素晴らしさを兼ね備えています!
戦争と同類の恐ろしさオゾマシさを含みつつ、無限の可能性を秘めた生業なのです。
常々、唱えている「子どもたちのポケットの1円10円が世界を変える」そんなフェアトレード感をダイナミックに感じさせてくれるのも「農」と「食」と「音(表現)」です。
この3つを、ひとりひとりが考えてフェアーなトレードを実践すれば、必ず世界は変わります。
地球も喜びます。
どうです?
だから行くのです。
行く価値があるのです!
和気にとって、道の上で弾き叫んでいた30年前から、渋谷〜ニューヨークでのJACK KNIFE時代、少年院バイクツアー、農民カフェ、あおぞらマルシェ、そして3.11…
すべてはひとつの流れだったのです。
農・食・音で世界を繋ぐ!
そして
農・食・音が世界を変える!
ジョンレノンも、ボブマーレイも、ジョーストラマーも、これなら文句言わねーだろ!?
農FUTURE!

和気優の「あおぞらカレー」発売記念パーティー!!

IMGP3241.jpg

シェアーっ!!!!!

和気優プロデュース「あおぞらカレーVol.1」遂に発売!!!
農家復興支援を含め、農民の魂を詰め込んだソウルカレーです!
青空とカレーライスツアー2014に先駆け先行発売記念パーティーを開催します!!

和気優のあおぞらカレー発売記念パーティー!!
7月24日(木)農民カフェ/学芸大学店
19:30スタート
1500円(食事付/安っ!)
*飲物持参歓迎!

参加の方は下記のイベントより参加をポチっと押してケロ!
https://www.facebook.com/events/661794740572998/?ref_dashboard_filter=upcoming

碑文谷あおぞらマルシェのキックオフギャザリングも兼ねてます!!!

新農地。

1470130_10204465285651593_1088040953046834754_n.jpg

新たな農地の未来を予感した。
遊べる、増やせる、感じる、そんなアミューズメント且つ実践的な農を築くよ!

日本分割統治

640px-Divide-and-rule_plan_of_Japan.png

日本の分割統治計画(wikipediaより画像拝借)
第二次世界大戦においての敗戦後ソ連主導で主張された計画。

集団的自衛権行使。

集団的自衛権の先に起きる日本の末路は、まさに日本分断である。
集団的自衛権は「事(戦争/事変)」が起きれば、言い逃れしようのない証拠となる。
もし…ではない。
必ず起きる。
後戻り出来ない一歩を踏み出している。
それを我々は覚悟しているのか!?

瀬戸内寂聴さんのメッセージを聴いて、納得した。
今の内閣には戦争経験者がいない、それが怖い、と。
さらに、日本が事に巻き込まれれば、アメリカと中国は手を組み日本を2つに分けて占領するであろう。

なるほど。

戦争は正義ではない。
損得だ。

先の戦争で粉々にされ、九条をもって戦争放棄と言う「名誉」を授かりながら、また放棄しようとしている。

ベルリンの壁が、Tokyo Wallとなる日が来る。
想像してみろ。

東京のど真ん中に高い壁が築かれる末路を!
そして俺たちは奴隷となり、米中の鎖に繋がれながら監視され生きる人生を歩むかもしれないのだ。

夏の農民カフェ/北海道

10478352_476281672516418_8717565012902429961_n.jpg

夏の北海道農民カフェ。

掻き立てる旅情。

雨竜郡沼田町恵比島駅前。

自根

IMG_8011.jpg

世界の農民、フレンチのペイゾン(農民)と共に…

さて、最近聞く「農」の言葉が琴線に響くようになりましてな。

農の言葉

自根(じこん)、自家採種(じかさいしゅ)、時期野菜、そして自活、自立。

自家採種。
種の問題は世間でも取沙汰されているように、今や慣行農においての自家採種は皆無です。
植物は種を付けます、と言うより種(しゅ)の本能で種を残す事にエネルギーが働く事は皆も知っている通り。
その種を採種し土に戻すのが「自家採種」で、聞けば自然な道理だが、そうならない、循環しないのが現代農である。
種は買うもの。
買わないと品種を名乗れないしくみがある。
これをひと言では方付けられない複雑な歴史と洗脳とも言える事象がある。
ココはそれぞれ学んで欲しい。

そしてもうひとつが自根(じごん)
我々が何も考えずにいると、購入する、実のなる野菜(果菜類)はほとんどが接木(つぎき)育成の生鮮を買う事になる。
どう言う事か。
台木(根)と穂木(茎枝)を分けて接木する。
もしくは台木と穂木が違う品種で接木する事も多々ある。
接木によって病気を回避したり、安定した収穫品質を得られる?などあるが、さて…
接木によって本来の種の特性を失う危険は大いにある。
人間に例えて考えれば下半身と同体から上を繋ぐような手術が施されれば普通ではない、のが良く判るであろう。
例えが極端過ぎるかもしれないが、本来の特性を失った野菜には強く違和感を感じる。
接木のキュウリ等は透水性が悪く、塩が実に馴染み辛い。
臼杵の赤嶺さんから教えられたのは、自根のスイカは8年に一度しか実をつけない。
それが接木のスイカは毎年実を付けるのだから、それ自体に不気味さを感じる。
この感度は大林千茱萸さんの「100年ごはん」を通じて養ったものである。
目からウロコとはこの事なり。

最後に時期野菜。
時期には時期の菜をいただく、これ薬効なり。
薬要らず。
治癒力向上こそ万病予防。
冬に夏野菜を過剰にとってはなりません。
栄養士の方々にもこの辺りを意識していただきたいものです。

さぁ、ずいぶん長くなったが、言える事は「無理、無茶」をしない、させない。
その土地で採種された種を、季節ごとに、自らの根で育てる。
循環する。
それには極めて高度な感度とセンスが要求される、且つ「生活」が伸し掛かれば、そんな事は言っていられない。
生産性を上げ、出来る限り手間のかからない方法を選び、一気に買い取ってくれる先を重宝する。
当然だ、良く判る。
地中の微生物の事など考えていられない。
「本来」より色形を重要視する。
そうでなければ買い取ってもらえない。
アトピーやアレルギー、化学物質過敏症の人々の対応は病院の仕事。
万が一そうなっても保険があれば安心安全、と言うわけだ。

しかし何だろう?
身体が反応してしまう。
外食に感じる多く、これは「死んだ食べ物」だ、と感じてしまう。
農を通じて、心身の感度が高まっている。
五感、それ以外の直感が気付いてしまう。
ヤバいかもしれない。

もし、俗世に活き、自ら様々「違和感」を感じる事があったなら、素直に認めた方が良い。
そしてその感度を高める行業を嗜んでみると良い。
そこから感じる事が、今まで曇っていた人生の視界を開く糸口となるかもしれない。

俺はやっと、その入口に立つ事ができた。
間違いなかった。

農の言葉は経と同位なり。

農FUTURE

農やろうぜ!

IMG_0652.jpg

さー、農しようぜ!

どんなに偉そうなコト言っても、どんなに何かに反対しても、食べる事や土の事を疎かにしていては説得力ないよ。

農と言える日本、から始めないと。

カレー(華麗)なるツアードライバーリレー決定!

写真-74

祝、祝、祝!ツアードライバー全行程決定!!!!

和気優の「青空とカレーライスツアー2014」
西日本ツアードライバーリレーが完結しました!!

和気優と共に走ってくれる旅友「カレー(華麗)なるドライバー」たちにエールを!

マジ嬉しいっス!!

スゲぇ事だよね!

リレーって言うのがまたイイよね!

「農」「食」「音」で世界を繋ぐ!カレーライスツアー!!
そして東北を胸に、西の仲間たちと共に、農FUTURE!を高らかに叫ぶぜ!!

弱冠50歳!

写真-113

大分臼杵地域の重鎮たち「GOD後藤」に「宇宙の赤嶺」
そこに和気優弱冠50歳でーす!

どう?70、80過ぎた人間のエネルギー全開の笑顔!!

どうしたらこの物語を伝えるコトが出来るだろう?
言葉にすれば軽くなる。

考えよう。

そして表現しよう。

それがオイラの仕事だから。
プロフィール

和気優

Author:和気優
バイクに跨りギターを背負って、日本中の少年院
を“生きろ!生きろ!”と弾き叫ぶ!

未だに、ガキの頃を思い返すと悔しくて涙が出る
便所にひとりで行くのが恐くてネショベン垂れた
親戚は冷たかった
毎日夕方、バスの停留所でずっと待った
誰でもいい、誰かが俺を迎えに来てくれる事を
親父よ、お袋よ、なぜだ?
どこからか流れてくるステレオの音
泣きながらその音を聴いてると、優しい気持ちになれた
いつからか、俺は大人と言う、つまらん時代を迎えた
そして10年前、中学時代の仲間が犯した殺人事件
俺は手探りで旅に出る
歌いながら、同じ様な目をした少年の所へ
その切っ掛けが与えてくれた答えを見つけるまで
走り続けるしかない

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。